ルテインの摂取を中止した後にも持続した効果

ルテインの摂取を中止した後にも、持続した効果としては、黄斑部色素の増加が挙げられます。ルテインを中止したとしても、即座に作用が消え去るわけではないです。ルテインを継続して飲むことで、成分は着実に体内へと働きかけることになります。だからルテインを中止したとしても、そこからの下降というのは緩やかなものとなります。

人間の体内には本来であれば、十分なルテインを持ち合わせています。しかし生活を送ることで紫外線を浴びますので、紫外線の悪影響でもどんどん減ってしまいます。健康にも良くないというのは、すでに日本では広く知られている、タバコを吸うという行為でも、貴重な成分はみるみる減ってしまいます。

だから中止をしたとしても、出来る限りでよい状態を持続させたいならば、強烈な直射日光にはあたらないようにして、タバコを吸う習慣は控えなければなりません。特にタバコを頻繁に吸う人は、自分の将来的な健康と目の健やかさを天秤にかけてみて、タバコをやめるチャンスと捉えることは、簡単に選択肢としても選べることです。

タバコを吸うことや、紫外線をバンバン浴びることは、このサイトにも書かれている通り、貴重な体内のルテインを減少させることになります。逆を言えば禁煙をして、直射日光を強烈に浴びないように気をつけることで、減少を予防していくことができるということにもなります。

タバコの害は年齢を追うごとに自分に跳ね返りますし、年齢を重ねるとそれだけでも、健康は失われていきます。その中で何が未来の幸せにつながるのかを、改めて考える良いチャンスです。タバコは自分の健康を失うだけではなく、周囲の人の健康まで奪いますので、そのこともよく考えないとなりません。

紫外線の悪影響につきましても、ここ数年では特に、健康と美容業界では大きく叫ばれていることです。太陽の光はビタミンDの生産にもなりますので、朝日を少し浴びたりするのはいいのですが、強い紫外線の下に長時間いるのはよくないことです。目に対しての悪影響もありますし、皮膚に対しても良いことがありません。

太陽の紫外線を無邪気に浴びていられたのは、かなり昔の話であり、現代は紫外線ほど恐ろしいものはないほど、紫外線への対策はする必要があるのです。ルテインを摂取することで、大切な目をダメージから守る事になります。加齢により起こる加齢黄斑変性症への、予防対策にもなるものです。だから継続は良い事ですし、たとえ中止をしても、しばらくは成分の効果は持続をしてくれることになります。

ルテインの摂取開始から20~30日後の効果

年齢を重ねると視力が落ちたり、物が見づらくなる、また疲れ目がなかなか回復しないなど、目のトラブルを起こしやすくなります。
「もう歳だから・・」とそのまま放置してしまうと、最終的には失明してしまう恐れもあるので、たかが疲れ目・視力の低下と軽く考えないようにしましょう。
加齢によって起こりやすくなる目の病気は色々とあります。
その中の1つ黄斑膜変性は症状が悪化すると、失明してしまう危険性のある目の病気です。
網膜にある黄斑部が紫外線や活性酸素のダメージを受け続けると、黄斑膜変性を起こしやすくなると言われています。
物が歪んで見える、色が違って見えるといった症状から見ている物が歪むなど、様々な症状を引き起こすのが特徴です。
症状が悪化してしまうと失明してしまいます。
また、加齢によって起こりやすいのが白内障です。
白内障も目の病気で、やはり黄斑膜変性と同じく紫外線や活性酸素によるダメージで起こります。
眼球の中にある硝子体が紫外線を浴び、活性酸素が増えた事によってダメージを受け、濁ってしまうと白内障となってしまいます。
白内障の他に虫が目の前を飛んでいるように見える、飛蚊症も白内障同様、硝子体が濁る事で起こる目の病気です。
このように、紫外線を浴びたり活性酸素が増える事によって起こる、目の病気は数多くあります。
年齢を重ねても目の健康をキープする為には、日頃から目に良い成分を意識して補う事が大切です。
ルテインは黄斑膜変性症、白内障、飛蚊症の予防に効果的な成分と言われています。
ルテインは優れた抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素を除去する効果に高い効果を発揮します。
紫外線などの有害な光が目の中に入らないよう、ブロックする作用もあるのがルテインの特徴です。
食事からでも補える成分ですが十分な量を摂るには、サプリメントを活用する方が効率的です。
ただ、サプリメントの摂取開始から、どのくらいでルテインの効果が出るのか気になる方も多いでしょう。
摂取開始から20~30日後の効果として、黄斑部の色素量が増加したという研究の結果があります。
黄斑部の色素量が増えれば紫外線などのダメージから目を守る効果もアップし、黄斑膜変性の予防効果が高まったと考えられます。
摂取開始からすぐに効果が期待出来るという点も、ルテインのメリットと言えます。
またルテインの摂取を中止した後も、40~50日間程度は黄斑部の色素量は変わらなかったというデータもあるようです。
サプリメントの摂取をストップしても、長期間効果が持続するというメリットがルテインにはあるのです。

ルテインの摂取開始から効果が表れるまで

ルテインは目元の疲れを取ったり、目に現れやすい各種症状を改善してくれる効果があります。
すぐに効果が出ると良いのですが、摂取開始から効果が出るまでの期間は人によっても違います。

ルテインのサプリメントは、すぐに翌日から目元の疲れを感じにくくなったり、体の調子を整えてくれる効果があります。
早い人であれば翌日から目の疲れを感じにくくなったり、視力が改善するなどの効果を持っています。ルテインは目元の負担を軽減してくれるのですが、症状が軽度な人ならすぐに実感します。目の疲れが少し取れた、というくらいなら、そんなにすぐに目元が辛くなることはありません。

一方、摂取開始後2週間位で、視力調整機能の改善が見られたという報告がなされています。
ルテインは継続的に飲むと徐々に効果をもたらします。すぐに良くなるのではなく、徐々に快適になってきて目元の視力改善を自覚できるようになります。快適になるためにはしばらく継続的にルテインを飲む必要がありますので、その点は注意しておきましょう。
数日で実感できなくても、最低でも2週間ほどは飲むようにしましょう。

1ヶ月位で目元の様々な症状が取れているということもあります。
そのひとつはルテインを摂取開始してから1ヶ月ほど摂取を続けることで、目が関係する各種症状を和らげたり、取り除くことができるようになります。快適な目元のためには、このくらいは飲み続けてみて実感するところがあるかどうかを試すのが一番です。

また、肩こりやいろいろな諸症状が改善されることがあります。これは目元が原因のものや、目元に大きく負担がかかることが問題の場合、それを改善するためのものでもあります。

ルテインはビタミンA類でもありますから、大量に取ることで栄養状態が改善されることによる体調改善ができる場合もあります。
これは目元とはあまり関係がないのですが、体が必要としていた部分に必要な栄養素が行くので、その分に影響をもたらします。その分に影響をもたらしたあとは、体の調子を整える事ができます。

こういう人の場合は、目元に対しての影響は少なくなることが多いでしょう。まず必要な部位にビタミンとして消費されるので、その後に目元に影響がある場合もあります。

もちろん、飲み続けている人が徐々に肩こりや腰痛などを改善したと実感する場合もあります。この場合は必要な栄養素が目元で消費され、補われ続けているので、その後に不足しがちなところに栄養素が使われるようになります。

ルテインとブルーライトの関係

ルテインを摂取ることにより目の健康に主に働くことは数多くの人間と広告団体に知られてはいますが、科学的にかつ具体的にどのようにしてブルーライトなどの目の病気に効いていくのかしっかり説明できないまま利用している人が少なくありません。また消費傾向は上がってはいるものの、何と一緒に摂取していいか分からないまま使用を続けている側面が多分にあるため、ルテインをしっかり理解しておく必要が消費者としてあります。

ブルーライト事態はあまり目が浴びすぎると活性酸素が発生する恐れがあるとしてパソコンの仕様を少しでも時間を減らす試みがなされていますが、現代社会においてパソコンから積極的に離れるのはほぼ不可能だといえます。なぜなら電力社会に大方シフトしつつある中で電力と関係を保てなくするのはありえないからです。そこでルテインなどのカルテロイド系の成分が非常に友好的になるのですが、科学的に実証されているのも関わらずその有用性を見いだせていない人間が多いのが現状であり、そうした側面から変えていくのが現代社会の最も大きな課題の一つです。目の病気で失明をする人間が存在するという事は、同じ条件下で動いている我々も関係があるという事を示唆しています。

またルテインを同時摂取することによって、ブルーライトからの刺激はもちろんあらゆるところにルテインは眼球を中心に含まれているため、非常に効果的であることがあらゆる面から実証されています。ルテイン単体ではその効果は存分には発揮されませんが、合成されたサプリメントだけでも一日の摂取目分量には足りています。摂取量を必ず確認してけら自分で適宜調節をすれば、これほどルテインのメリットを享受する手立てはほかにありません。

また目の病気に聞く最も身近な存在ですので、緑内障や白内障をはじめ重症の内容のものにでも少しでも寄与することができればルテインそのものも喜ぶことです。眼病とそのほかの病気との関連性も示唆され始めている世の中、少しでも青汁など緑が含まれている食品を一日の生活に取り入れていればそれは自分が目の健康に気遣っている証拠です。主な効能としては黄斑色素濃度が向上するというのが最も有力ですが、多くの食品とバランスよく摂取することにより確実に効率よくルテインを摂取できるという事が断言できます。基本的に緑色の濃いものほどルテインが含まれていると思っていれば、色に準じて選択できます。

ルテインと紫外線の関係

ゼアキサンチンとルテインは、人間の身体の中で必ずセットになって存在をしています。
身体の中の代謝の働きによって、ルテインは身体に必要な量だけ消費されゼアキサンチンという別のカロテノイドに変換されます。
そして、ゼアキサンチンは、分子式がルテインと同様なのですが、化学的な構造が異なるため違った性質を持つ異性体という関係で、ルテインの異性体にはゼアキサンチンだけでなく、メソゼアキサンチンというもう一つの異性体が存在します。

目の組織である黄斑部という部分にはメソゼアキサンチンが含まれていて、人間の血漿にはメソゼアキサンチンが含まれていないことから、網膜の中にあるルテインから変換されたものが含まれていると考えられています。
そのため、網膜の中でも黄斑部にしか含まれていないメソゼアキサンチンは、視力にまつわる非常に大切な機能を持っていて、同様にルテインも非常に大切な機能を持っていることになります。

黄斑部には、たくさんの円錐の形をした光の受容体が備わっています。
そのため、黄斑部には直接光を感じる組織であり、この光が、物質を認識するのに欠かせないものになります。
ところが、その一方で、光には紫外線が含まれていて、その紫外線は黄斑部などの細胞を酸化させてしまう働きがあります。
ですので黄斑部には、物体を見ている間中、絶え間なく光を浴びていて、その光に含まれる紫外線により酸化されてしまうという弱点が存在するということになります。

光には様々な種類があるのですが、蛍光灯や電球の光などは、太陽の光に比較すると紫外線が含まれている波長は少ないものの、細胞を酸化する力があることには違いがありません。
また、目の組織は、光の波長の中でもエネルギーが高い太陽光線の青い色の光に一番ダメージを受けやすいということが知られています。
黄斑部の組織が酸化されてしまうと、細胞が壊れて、ちゃんと物体を認識することがでなくなってしまいます。
対象となる物体の輪郭や、大きさ、色などが正しく見えなくなったり、動いていない物体が動いているように見えたり、曲がっているように見えたりします。
この症状を黄斑変性症と呼びます。

黄斑部に含まれているゼアキサンチンとルテインは、目にダメージを与える青い色の光を吸収して、ダメージから目を守る効果があります。
そのため、ゼアキサンチンとルテインが充分に存在する状態ならば、黄斑変性症は発症しないことになります。

体内のルテインが減少し始める年齢と原因について

ルテインとは、目の中の水晶体や黄斑部などに存在し、強い抗酸化作用を持っている成分です。主にカボチャ・にんじんなどのβ-カロテンを豊富に含む緑黄色野菜などに多く含まれており、黄斑変性症や白内障など加齢が原因で引き起こされる目の疾患を予防・改善する役割があることから「天然のサングラス」とも呼ばれています。

このように、健康的な目を守るのに重要な役割をするルテインですが、年齢を重ねるにつれ体内での生成量が減少してしまうことが判明しています。目安としては40代〜50代で減少が開始され、70代を迎える頃には三分の一の量まで減ってしまうと言われています。なぜ生成量が加齢とともに減少してしまうかというと、いくつかの原因が考えられます。

一つ目の理由として考えられるのが「活性酸素と戦うために大量のルテインが消費されてしまうこと」が挙げられます。例えば、忙しく働く社会人などは仕事などでストレスを溜めやすい身体になってしまいます。ストレスというのは酸化力が強い活性酸素と呼ばれる活発な酸素を作り出す要因となります。そして、この活性酸素を体内から排出するために働く成分がルテインなのです。そのため、不規則な生活が続いている方やストレスを溜めこみやすい性格の方などはその分ルテインの消費量も多くなってしまい、結果として減少させる要因となってしまうのです。

続いて二つ目の理由として挙げられるのが「目に多くの光を浴びること」です。現代人にとってスマートホンやゲームなど、光が発生する機器は生活の必需品となっています。これらの機器は画面から多くの光が発生しており、長時間眺めることによって目に膨大なダメージを与えてしまうのです。その結果、目を過度なダメージから守ろうとしてルテインを消費してしまい、減少を招いてしまうことにつながっていくのです。

そして、ルテインという成分は体内で新たに生成することが不可能といわれています。今回ご紹介した内的要因・外的要因の両方が加齢により徐々に蓄積されていくことによって、ルテインが減少する一方となってしまうのです。

日々の生活において目へのダメージを防いだり、健康的な生活を心がけることがルテインの消費を少しでも遅らせることへとつながります。年齢を重ねてもトラブル知らずな健康的な目を維持するためにも、パソコン・スマートホンといった機器を見過ぎないことや、規則正しい食生活を送れるようにきちんと心がけることが大切です。

体内のルテインが消費され、減少する行動とは

目で、外からの光を受け入れるレンズの働きをしているのが水晶体です。水晶体から受け取った光は網膜にある黄斑部に送られます。ここに存在しているのがルテインです。
ルテインはもともと目の網膜や水晶体にある物質で、乳房や子宮頸部、皮膚などにも存在しています。

しかし、ルテインは加齢とともに減少していきます。40代〜50代になると徐々に減り始めて、70代になると20代の時の3分の1程度まで減少してしまいます。

高齢者は若い人に比べて白内障や黄斑変性といった目の病気にかかりやすいのですが、これにはルテインの減少が関わっています。

ルテインは紫外線やブルーライトなどの光から、青白光だけ吸収して網膜に被害を与えないようにします。これはルテインが抗酸化作用を持っているおかげで、水晶体や網膜の酸化を防いでいるからです。

逆に言うと、紫外線やブルーライトを浴びつづける行動をしていると、ルテインがどんどん消費されてしまうということです。日差しの強いときに裸眼で光を見たり、スマートフォンなどの画面を見続けているのは、ルテインを消費している行動だというわけです。

紫外線だけでもかなり強烈な光なのですが、さらに現代人はスマートフォンを一日中見ていますし、パソコン仕事、LEDディスプレイでのテレビの鑑賞など、ほぼ一日中ルテインを消費している状態です。こういう強い光にさらされていると、活性酸素が過剰に生み出されて酸化が進んでしまい、目の細胞が衰えます。

ルテインが十分な量あれば、そういうときに酸化から守って目を保護してくれるのですが、紫外線やブルーライト、LEDといった光の刺激の影響で減少していると、目を守ることができなくなります。

加齢によって減少してしまうのはしょうがない部分もありますが、ブルーライトや紫外線からはできるだけ目を保護するように気をつけたほうがいいでしょう。

例えば、紫外線が強いときにはサングラスをかける、ブルーライトカット眼鏡をかける、部屋の中でも紫外線に気をつけてカーテンを引く、といったことで良いです。
ほぼ一日中スマートフォンをいじっているという人は、目にかなりのブルーライトの刺激がいっている可能性がありますから、使う時間を減らしたほうがいいでしょう。

ルテインはほうれん草やブロッコリー、ニンジン、パプリカ、などの野菜に多く含まれているので、食事では意識して色とりどりの野菜を食べるようにすると眼病予防になります。

ルテインの1日摂取目安量とは

“ルテインとは、眼の水晶体や黄斑部などに含まれている成分です。カルテロイドの一種で、植物や野菜の色素成分でもあります。
抗酸化作用が高く、目以外にも皮膚や子宮、乳房などの健康に維持に役立ちます。健康を守るために必要なルテインですが、体内で合成することはできないため食事やサプリメントで毎日摂取していくことが必要です。

ルテインの含まれるものとしては、マリーゴールドなどの黄色い花の花弁やほうれん草、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜などに多く含まれています。
目に対して高い健康効果がありますが、それ以外にも様々な効果が期待できます。

ルテインの効果としてはまず黄斑変性症を予防する効果が挙げられます。目は活性酸素や紫外線などによってダメージがあることで黄斑部が変質してしまいます。特に加齢した人に多く視力が低下してしまいます。

また、視界の中心に黒い点が現れるなどの症状が現れてしまい、悪化すると失明してしまうこともあります。
ルテインを摂取することによって抗酸化作用を得ることができ、目の健康につなげられます。
また、白内障や緑内障などの目の病気に対しても有効だとされています。

ルテインは紫外線などの有害な光線を吸収してくれる働きがあるため目の病気に効果的です。
コントラストの感度を改善するのにも役立ちます。摂取することで黄斑部に溜まっていき、コントラスト感度を改善していきます。
その他、炎症を抑制する効果や肌に対する紫外線のダメージから皮膚を守る作用によって美肌効果をあるとされています。
そんなルテインの摂取目安量は6〜10mgが効果的だとされています。脂溶性のカルテロイドのため油を使った料理で摂取すると効率的に摂取することができます。

摂取目安量は6〜10mgですが、食べたものがすべて吸収されるわけではないため1日の摂取目安量としては10〜20mgが理想的だとされています。
健康な場合には10〜20mgほどが良いですが、目に不安がある場合には20mgの摂取がオススメです。
和食はルテインの多い緑黄色野菜を多く取れる食事ですが、近年では食事が欧米化することや外食、レトルト食品などが増えるに従ってルテイン不足になってしまうケースも増えてきています。

理想的なのは食べ物からの摂取ですが足りない場合には、サプリメントを利用するのも効果的です。サプリメントを利用する場合には用法用量を守って服用していくことが大切です。”

ルテインの副作用について

ルテインとは抗酸化作用を持っているカロテノイドと呼ばれる天然に存在している色素の一種です。
野菜や果物や海草などの食品に含まれています。
おもな効能には白内障や黄斑変性や飛蚊症の予防効果や改善効果があり、目の健康を維持するためには欠かすことのできない栄養素のひとつです。
老化防止効果なども期待することが出来ます。
ルテインの副作用に関してですが、天然のルテインに関しては現状では重大な副作用の報告はありません。
ただし副作用にも個人差があり、すべての人に出ないとは限りませんので注意が必要です。

ルテインには天然の他に合成ルテインというものも存在しています。
天然はキク科のマリーゴールドという花から抽出していることが多いです。
マリーゴールドはルテインの含有率が高く、農薬の害が少ないということで安全な原料ということが出来ます。
一方、合成ルテインは石油を原料としているため、過剰摂取すると目のかゆみや痛みや腫れ、せきや喘息の発症、胸焼けなどの副作用の症状が出る可能性があります。

飲酒、喫煙者が摂取すると発生する確率が高まることがわかってきています。
さらに喫煙者は肺がんのリスクも高まるといわれています。
ルテインのサプリメントを選ぶ際には、内容表示をしっかりとチェックし、できるだけ合成のものは選ばないようにすることが大切です。
ただし天然のルテインでも1日の摂取量を超えて過剰摂取したりすることは避けましょう。
1日あたり6ミリグラム程度の摂取が望ましいとされています。
1日6ミリグラムの摂取で加齢黄斑変性のリスクが減ることが報告されています。
なお、サプリメントにはルテイン以外にも栄養素が含まれていることが多く、それらの他の成分に関しても過剰摂取にならないように中身をきちんと確認してから、サプリメントを摂取していく必要があります。
とくに亜鉛などは過剰摂取すると危ないので気をつけましょう。

メインは食事などから摂取するように心がけ、足りない分はサプリメントなどで補助するようにしましょう。
ルテインを多く含む食品ですが、ケールやほうれん草やブロッコリー、グリンピース、アスパラガス、かぼちゃ、ブルーベリーなどにも含まれています。
ルテインは脂肪性成分であることから、油と一緒に摂取すると体内への吸収率が高まります。
サプリメントを摂取するタイミングとしては、夕飯後から寝る前までに飲むことをおすすめします。
一番効果的に摂取できる時間帯であると言えます。”

ルテインの効果と効能について

ルテインは抗酸化作用を持つカロテノイドという物質の一種で、網膜の中心部や水晶体、皮膚や大腸などにも存在しています。現在では眼科もおすすめしているところがあります。ルテインの働きは、網膜の保護や治癒に有益な効果や効能が期待されています。人は起きている間、常に目をあけていますので、網膜の負担は大きいと考えられますが、ルテインは目に入る強力な光から保護してくれたり様々な眼病を守ってくれる役割があります。また、眼底の黄斑部や網膜にあるルテインは、紫外線やブルーライトなどの光を吸収しそうした光のエネルギーから発生される消化酵素を消去してくれる役割があります。しかし体内にあるルテインは加齢によって減少していくと現在は考えられていますので、積極的に体内に栄養素として取り込んでいきたいところです。

ルテインを多く含む食品としてはブルーベリーやカシス、ケールや緑黄色野菜などがありますので、目の健康が気になる方はなるべく摂取していくようにしましょう。ルテインは体内で合成することができませんので、なるべく脂質と一緒に摂取することで、体内への吸収がよくなり、効果的だと言われています。また、最近ではサプリメントも多く販売されていますので継続的に摂取することも可能になっています。

ルテインの認知度はそれほど高くありませんが、それでも様々な効果が期待できます。加齢により黄斑部に異常が起こり、視力が低下する病気ですが、ルテインはその予防になると言われています。また、白内障の予防にもいいと考えられています。他にも、美容の効能が期待されており、ルテインに含まれる抗酸化作用からシミやしわを予防し、紫外線による肌へのダメージからも守ってくれる働きがあると言われています。

ルテインは1日に6㎎以上摂取することが望ましいと言われていますが、これは緑黄色野菜を一日の分量では食べきれないほどの量になりますので、サプリメントからの摂取をおすすめします。また、ビルベリーと一緒に摂取することで吸収率が向上すると言われていますので、ルテインを効果的に摂取したい場合はビルベリーエキスの配合されたサプリメントと一緒に飲むとより効率的でおすすめとなります。他にも飛蚊症の改善が期待されていたり、物の濃さや薄さを見分けるコントラスト感度も改善すると言われていますので、目の健康を維持するためにもなるべく継続的に、そして長く摂取しておきたい成分となります。