ルテインの効果と効能について

ルテインは抗酸化作用を持つカロテノイドという物質の一種で、網膜の中心部や水晶体、皮膚や大腸などにも存在しています。現在では眼科もおすすめしているところがあります。ルテインの働きは、網膜の保護や治癒に有益な効果や効能が期待されています。人は起きている間、常に目をあけていますので、網膜の負担は大きいと考えられますが、ルテインは目に入る強力な光から保護してくれたり様々な眼病を守ってくれる役割があります。また、眼底の黄斑部や網膜にあるルテインは、紫外線やブルーライトなどの光を吸収しそうした光のエネルギーから発生される消化酵素を消去してくれる役割があります。しかし体内にあるルテインは加齢によって減少していくと現在は考えられていますので、積極的に体内に栄養素として取り込んでいきたいところです。

ルテインを多く含む食品としてはブルーベリーやカシス、ケールや緑黄色野菜などがありますので、目の健康が気になる方はなるべく摂取していくようにしましょう。ルテインは体内で合成することができませんので、なるべく脂質と一緒に摂取することで、体内への吸収がよくなり、効果的だと言われています。また、最近ではサプリメントも多く販売されていますので継続的に摂取することも可能になっています。

ルテインの認知度はそれほど高くありませんが、それでも様々な効果が期待できます。加齢により黄斑部に異常が起こり、視力が低下する病気ですが、ルテインはその予防になると言われています。また、白内障の予防にもいいと考えられています。他にも、美容の効能が期待されており、ルテインに含まれる抗酸化作用からシミやしわを予防し、紫外線による肌へのダメージからも守ってくれる働きがあると言われています。

ルテインは1日に6㎎以上摂取することが望ましいと言われていますが、これは緑黄色野菜を一日の分量では食べきれないほどの量になりますので、サプリメントからの摂取をおすすめします。また、ビルベリーと一緒に摂取することで吸収率が向上すると言われていますので、ルテインを効果的に摂取したい場合はビルベリーエキスの配合されたサプリメントと一緒に飲むとより効率的でおすすめとなります。他にも飛蚊症の改善が期待されていたり、物の濃さや薄さを見分けるコントラスト感度も改善すると言われていますので、目の健康を維持するためにもなるべく継続的に、そして長く摂取しておきたい成分となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です