ルテインの副作用について

ルテインとは抗酸化作用を持っているカロテノイドと呼ばれる天然に存在している色素の一種です。
野菜や果物や海草などの食品に含まれています。
おもな効能には白内障や黄斑変性や飛蚊症の予防効果や改善効果があり、目の健康を維持するためには欠かすことのできない栄養素のひとつです。
老化防止効果なども期待することが出来ます。
ルテインの副作用に関してですが、天然のルテインに関しては現状では重大な副作用の報告はありません。
ただし副作用にも個人差があり、すべての人に出ないとは限りませんので注意が必要です。

ルテインには天然の他に合成ルテインというものも存在しています。
天然はキク科のマリーゴールドという花から抽出していることが多いです。
マリーゴールドはルテインの含有率が高く、農薬の害が少ないということで安全な原料ということが出来ます。
一方、合成ルテインは石油を原料としているため、過剰摂取すると目のかゆみや痛みや腫れ、せきや喘息の発症、胸焼けなどの副作用の症状が出る可能性があります。

飲酒、喫煙者が摂取すると発生する確率が高まることがわかってきています。
さらに喫煙者は肺がんのリスクも高まるといわれています。
ルテインのサプリメントを選ぶ際には、内容表示をしっかりとチェックし、できるだけ合成のものは選ばないようにすることが大切です。
ただし天然のルテインでも1日の摂取量を超えて過剰摂取したりすることは避けましょう。
1日あたり6ミリグラム程度の摂取が望ましいとされています。
1日6ミリグラムの摂取で加齢黄斑変性のリスクが減ることが報告されています。
なお、サプリメントにはルテイン以外にも栄養素が含まれていることが多く、それらの他の成分に関しても過剰摂取にならないように中身をきちんと確認してから、サプリメントを摂取していく必要があります。
とくに亜鉛などは過剰摂取すると危ないので気をつけましょう。

メインは食事などから摂取するように心がけ、足りない分はサプリメントなどで補助するようにしましょう。
ルテインを多く含む食品ですが、ケールやほうれん草やブロッコリー、グリンピース、アスパラガス、かぼちゃ、ブルーベリーなどにも含まれています。
ルテインは脂肪性成分であることから、油と一緒に摂取すると体内への吸収率が高まります。
サプリメントを摂取するタイミングとしては、夕飯後から寝る前までに飲むことをおすすめします。
一番効果的に摂取できる時間帯であると言えます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です