ルテインの1日摂取目安量とは

“ルテインとは、眼の水晶体や黄斑部などに含まれている成分です。カルテロイドの一種で、植物や野菜の色素成分でもあります。
抗酸化作用が高く、目以外にも皮膚や子宮、乳房などの健康に維持に役立ちます。健康を守るために必要なルテインですが、体内で合成することはできないため食事やサプリメントで毎日摂取していくことが必要です。

ルテインの含まれるものとしては、マリーゴールドなどの黄色い花の花弁やほうれん草、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜などに多く含まれています。
目に対して高い健康効果がありますが、それ以外にも様々な効果が期待できます。

ルテインの効果としてはまず黄斑変性症を予防する効果が挙げられます。目は活性酸素や紫外線などによってダメージがあることで黄斑部が変質してしまいます。特に加齢した人に多く視力が低下してしまいます。

また、視界の中心に黒い点が現れるなどの症状が現れてしまい、悪化すると失明してしまうこともあります。
ルテインを摂取することによって抗酸化作用を得ることができ、目の健康につなげられます。
また、白内障や緑内障などの目の病気に対しても有効だとされています。

ルテインは紫外線などの有害な光線を吸収してくれる働きがあるため目の病気に効果的です。
コントラストの感度を改善するのにも役立ちます。摂取することで黄斑部に溜まっていき、コントラスト感度を改善していきます。
その他、炎症を抑制する効果や肌に対する紫外線のダメージから皮膚を守る作用によって美肌効果をあるとされています。
そんなルテインの摂取目安量は6〜10mgが効果的だとされています。脂溶性のカルテロイドのため油を使った料理で摂取すると効率的に摂取することができます。

摂取目安量は6〜10mgですが、食べたものがすべて吸収されるわけではないため1日の摂取目安量としては10〜20mgが理想的だとされています。
健康な場合には10〜20mgほどが良いですが、目に不安がある場合には20mgの摂取がオススメです。
和食はルテインの多い緑黄色野菜を多く取れる食事ですが、近年では食事が欧米化することや外食、レトルト食品などが増えるに従ってルテイン不足になってしまうケースも増えてきています。

理想的なのは食べ物からの摂取ですが足りない場合には、サプリメントを利用するのも効果的です。サプリメントを利用する場合には用法用量を守って服用していくことが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です