体内のルテインが消費され、減少する行動とは

目で、外からの光を受け入れるレンズの働きをしているのが水晶体です。水晶体から受け取った光は網膜にある黄斑部に送られます。ここに存在しているのがルテインです。
ルテインはもともと目の網膜や水晶体にある物質で、乳房や子宮頸部、皮膚などにも存在しています。

しかし、ルテインは加齢とともに減少していきます。40代〜50代になると徐々に減り始めて、70代になると20代の時の3分の1程度まで減少してしまいます。

高齢者は若い人に比べて白内障や黄斑変性といった目の病気にかかりやすいのですが、これにはルテインの減少が関わっています。

ルテインは紫外線やブルーライトなどの光から、青白光だけ吸収して網膜に被害を与えないようにします。これはルテインが抗酸化作用を持っているおかげで、水晶体や網膜の酸化を防いでいるからです。

逆に言うと、紫外線やブルーライトを浴びつづける行動をしていると、ルテインがどんどん消費されてしまうということです。日差しの強いときに裸眼で光を見たり、スマートフォンなどの画面を見続けているのは、ルテインを消費している行動だというわけです。

紫外線だけでもかなり強烈な光なのですが、さらに現代人はスマートフォンを一日中見ていますし、パソコン仕事、LEDディスプレイでのテレビの鑑賞など、ほぼ一日中ルテインを消費している状態です。こういう強い光にさらされていると、活性酸素が過剰に生み出されて酸化が進んでしまい、目の細胞が衰えます。

ルテインが十分な量あれば、そういうときに酸化から守って目を保護してくれるのですが、紫外線やブルーライト、LEDといった光の刺激の影響で減少していると、目を守ることができなくなります。

加齢によって減少してしまうのはしょうがない部分もありますが、ブルーライトや紫外線からはできるだけ目を保護するように気をつけたほうがいいでしょう。

例えば、紫外線が強いときにはサングラスをかける、ブルーライトカット眼鏡をかける、部屋の中でも紫外線に気をつけてカーテンを引く、といったことで良いです。
ほぼ一日中スマートフォンをいじっているという人は、目にかなりのブルーライトの刺激がいっている可能性がありますから、使う時間を減らしたほうがいいでしょう。

ルテインはほうれん草やブロッコリー、ニンジン、パプリカ、などの野菜に多く含まれているので、食事では意識して色とりどりの野菜を食べるようにすると眼病予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です